FC2ブログ

ジェシー・ジェームズの暗殺 

2008, 01. 15 (Tue) 15:23

jessejames_posterbig JESSE JAMES

南北戦争後、仲間を率いて強盗や殺人などアウトローとして数々の犯罪に手を染めるジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)
戦勝軍である北軍側の圧政に苦しむ南部州民からは、抵抗の象徴として次第に英雄視されていた。
1881年、兄フランク(サム・シェパード)と企てた列車強盗計画に、
ジェームズ一味のメンバー、チャーリー(サム・ロックウェル)の弟で、
ジェシーに心酔している小心者の青年ロバート・フォード(ケイシー・アフレック)が加わる。
jessejames5Brad Pitt

アメリカで最も有名で人々に愛されているアウトロー、ジェシー・ジェームズ。
そのジェシー・ジェームズ、私は初めて知りました…
強盗や殺人犯罪者と言っても、そんな残虐な場面はなく、
長い逃亡生活で神経をすり減らすジェシーと、その仲間の心情や葛藤などが描かれている人間ドラマ。
jessejames7Brad Pitt

ブラピの演技はかなり光ってました~存在感タップリ!!
その命に賞金をかけられてる身であり、逃亡者の緊張感とカリスマ性を持ち冷酷で残酷。
お互いの心の内を探るような会話の中で、
いつ銃を抜くんだろう~と緊張感が漂います~笑ってるけど、目はマジで怖い!!
当然、カリスマ性がある人物の裏には、人には見せられない孤独や不安、弱さもあって、
身分を偽りながら家族と暮らす中にも、ひと時の安堵すらなかったのだろう。
brad_pitt1Brad Pitt

そんなジェシーに憧れ、崇拝すらしていたロバート(ボブ)が、
ジェシーという人物を知るうちに、その憧れが次第に何か別のものに変わっていく…
“おまえは俺のようになりたいのか…それとも俺になりたいのか”
と聞くジェーシー。
それはボブにすら答えが解からないものだったのだろう…
気弱で控えめな印象だけど、
かなり自尊心が強いボブを演じたケイシー・アフレックがまた良かったですよ!
二人の間に流れる空気や目線、会話のやり取りには緊迫感が漂い素晴らしかったです。
jessejames5Casey Affleck

丸腰のジェシーを背後から撃ち、アメリカ一卑怯な男として語り継がれたロバート。
20歳という若さ故か先の事まで考えれなかった結果、
その後は自分の行ないを後悔し苦しむ。
英雄として世間から作られたジェシー、
その後ロバートも、世間から作られたイメージを持つ事になる。
犯罪者たちの逃げ場がない心理状態を、繊細なロバートの側から上手く描いていると思いました。
brad_pitt15THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES

ただ尺が160分は長い。。。
派手な銃撃もなく、静かな展開なので、数回コックリしました(苦笑)
もう少しエンターテイメントな部分があっても良かったのかも。
どうしてジェシーは暗殺されなければならなかったのか?など、ちょっと解かり難い部分もあったので、
事前の知識を少し入れた方が良かったかな~と思いました。

2008年 1/12公開 アメリカ映画
監督 アンドリュー・ドミニク