FC2ブログ

フラガール 

2007, 04. 28 (Sat) 23:24



昭和40年、時代の波で危機的な状況に追い込まれたある炭坑の村に、町おこしとしてレジャーランド建設の話が持ち上がる。
娘たちをフラガールに育てるため、
東京から元売れっ子ダンサーの平山まどか(松雪泰子)が先生としてやって来る。
それをよく思わない炭坑の男たちと、
村のため、家族のため、自分のためとひたむきに踊りを練習する娘たちの姿を描く。

大人たちはフラダンスに猛反対!
紀美子(蒼井優)をはじめ村の娘達は、新しい世界への憧れと同時に、家族や村の助けになりたいなどそれぞれの想いを抱えてる。
事情ありで都落ちしてきたまどか先生、
最初は村人や娘たちを軽蔑の眼差しでみることもあったが、彼女たちに教えることによって、自身にも大きな気持ちの変化が…
本当の踊りの歓びを、彼女達と共有することができる。
盆踊りぐらいしか踊れなかった娘たちが、厳しいレッスンに耐えプロのフラダンサーになっていく過程や、ラストのフラダンスは最高潮!

それぞれの年代の立場や想い、生き方がとても丁寧に描かれていて、
母娘だったり、友人だったり、先生と生徒だったりとその絆の深さや、別れには何度も泣かされます。
フラは手話の要素があるので、ホームでの別れのシーンは特に泣けました。
そして、逆境から立ち上がっていく力強さも感じます。
若い子たちが変化を求めて、悩み挫折しながらのサクセス・ストーリーと違うのは、
時代の新旧、事情や葛藤、対立、田舎と都会…
そんな対比のようなものが、笑いと涙で描かれていて感動させられるのかもしれない。
365.jpg

松雪泰子はとても美しく、東京からやってきた強い女性を見事に演じています。
ダンスシーンは迫力あるし、、生徒の為に男湯に乗り込んでく姿はかっこいい♪
40年代、彼女のファッションやヘアースタイル、とっても似合っていてステキ。
フラガールのリーダー蒼井優の演技も見事。
東北なまりにも違和感がなく、自然な感じ。
可愛いい田舎娘の部分と芯の強さを上手に演じ、凛とした感じがとても良かったです。
ラストのフラダンスには拍手を送りました。
岸部一徳、富司純子、豊川悦司も重要な役で、素晴しい演技でした。
そしてしずちゃん、アナタに泣かされるとは…(笑)
どの人物にもドラマがあり、感動があります。

上映時からとても評判の高い作品で、DVDを楽しみにしていましたが、こんなに泣かされるとは思わなかった…!!
泣ける映画だから良い映画ではないのですが、この作品は本当に素晴しい!

温泉レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生の裏話を描いた実話。
この炭鉱の特色は、石炭を掘り出すのに、温泉を処理しなければいけなかったほどの豊富な湯量だそう。
この湯量を利用して一大リゾート施設をつくり、失業者を吸収したという。

日本アカデミー賞受賞したのも納得だし、
今年度アカデミー賞外国語映画賞に選出されたのも肯けますね!

2006年 9/23公開 日本映画
監督 李 相日