FC2ブログ

ブラック・ブック 

2007, 04. 11 (Wed) 11:02



1944年、ナチス占領下のオランダ。
農家の屋根裏にかくまわれていた、美しいユダヤ人歌手のラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、逃亡中に家族を殺され、オランダ人レジスタンスに救われる。
ラヘルはその後エリスというオランダ人になりすまし、ドイツ軍将校ムンツェ(セバスチャン・コッホ)に近づいて情報をレジスタンスに流す。
第二次世界大戦のレジスタンス運動を背景に、運命に翻弄されながらもたくましく生きるユダヤ人女性の、波乱の半生をドラマティックに描く(goo映画)

戦争を背景に、家族やユダヤ人を目の前で殺されてしまった女性の復讐のお話。
彼女はその美貌を武器に、ドイツ人将校ムンツェに近づいていくが、
次第に彼を愛するようになってしまう。
この映画はナチスのオランダ占領とユダヤ人迫害という背景ですが、
戦争の悲惨だけを描くのではなく、ミステリアスなサスペンス娯楽映画として楽しむことができると思います。
ブラック・ブック

行く手には裏切りや罠が待っている。
敵はナチスだけでなく、レジスタンス内でも裏切り者がいるのでは?
密告や裏取引の中で誰を信用できるのか…
レジスタンスの仲間も誰もが一癖ありそうで、その偽装は巧妙。
そしてブラック・ブックに、その真実が隠されている。
スパイ、裏切り、禁じられた愛と盛りだくさんな内容で、
生き残るために選択を迫らた人々の姿が、緊張感たっぷりに描かれています。
2時間20分ほどですが、最後まで飽きさせない!

そして時にユーモラスに。
エリスはかくまってもらっている家主に「ユダヤ人がイエスに従えば、トラブルに巻き込まれなかったのだ」と言われると、
自分のオートミールにシロップで十字架を書き、混ぜて消します。
レジスタンス仲間のハンスのヒトラーのモノマネはそっくり!
場面に登場する小道具やエピソードなど、さり気なく散りばめられた伏線も見事で、最後にはすっきりする!!
とても上手くできてます。
チョコレートが重要なんですねぇ~。
ちょっとリアルな描写で、びっくりするシーンもあったけど…

レジスタンスとドイツ軍、たとえ敵同士であっても利害関係が一致すれば手を結び、仲間を平気で売る。
裕福なユダヤ人を罠にかけ殺害し、彼らが身に隠した現金や宝石をすべて奪っていきます。
このようなナチスの残忍さを伝える反面、ムンツェ大尉は妻と子供を空爆で失った悲しい男。
1944年という戦争も終わりに向けて、ムンツェのようなドイツ人がいたのも事実。
たくさんの人間の死を通して、伝わってくるのはやはり戦争の空しさです。
ラストでは平和な暮らしに戻ったかのようだけど、切なさも残りました。
10019158097.jpg

『インビジブル』『氷の微笑』『トータルリコール』などのポール・バーホーベン監督が23年ぶりに母国オランダで制作。
カリス・ファン・ハウテンは、美しいだけでなく、毅然としたヒロインを見事に演じ魅力的。
ドイツ将校でありながら良心を持つムンツェを『善き人のためのソナタ』のセバスチャン・コッホが演じる。

それにしても、ハンス役のトム・ホフマンがラッセル・クロウに見えて…!

2007年 3/24 公開 オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー映画
監督 ポール・バーホーベン

近日公開~恋愛睡眠のすすめ 

2007, 04. 11 (Wed) 09:52



『エターナル・サンシャイン』で数々の賞に輝いたゴンドリー監督の最新作、『恋愛睡眠のすすめ』 原題 『SCIENCE OF SLEEP』 4月28日から全国順次公開。
『モーターサイクル・ダイアリーズ』 『バベル』のガエル・ガルシア・ベルナルと、
『21グラム』 『フレンチなしあわせのみつけ方』のシャルロット・ゲンズブールが共演。

*ストーリー
メキシコ人の父とフランス人の母を持ち、両親の離婚で父とメキシコへ。
父の死によってパリの母の元にやってきたステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、内気な性格で冴えない青年。
ある日、隣に引っ越してきたステファニー(シャルロット・ゲーンズブール)に次第に惹かれていくステファンだったが、なかなか上手く事が運ばず、
せめて眠っている間だけでも彼女に会うため、理想的な夢ばかり見るようになる。
夢の中でのステファニーとの恋愛は完璧な形で展開していき、いつしかステファンは夢と現実の区別がつかなくなっていく…。
“睡眠中”に“恋愛”するロマンチック・ムービー。
324445_01_04_02.jpg

まるでアニメや人形劇の中に迷い込んだようなセットで、
馬の着ぐるみや綿の雲、セロファンの海、紙で出来た家など、
CG映像ではなく、アナログなアイテムは楽しそう♪
危なそうな役、セクシーな役、全裸シーンなどでお馴染み(?)のガエル君が、今回は情けないダメダメ君。
今までにない彼なのでファンは必見ですね。
「エターナル・サンシャイン」と同じように、“睡眠中の夢”と現実を
ゴチャゴチャにしていく手法はゴンドリー監督ならでは!
公開が待ち遠しい作品です♪(わが生息地~5/19より)
324445_01_07_02.jpg

シャルロット・ゲーンズブールはちょっと好みじゃなんですよね~
雰囲気はあるし着こなしとかも上手だけど、長くて薄っぺらい(顔)とか…!

捜査の手が近づき、少し小奇麗にしてパリに逃げてきたモート・レイニー。
CDショップでシャルロットに出会い、後に偶然、部屋を仲介してもらう事になる。
シャルロットはモートを覚えていたが、
彼には記憶はない様子。(そうよねぇ~もう、色々とやっちゃったから、疲れたのよ)
エレベーターの中で、どちらともなく抱き合いキスをする…
…あれって結局、彼女の妄想なのよね?
あっ、じゃあ、彼女も妄想癖だったのか(関係ない?!)
【謎の男をモートふうで…】