FC2ブログ

ステイ 

2007, 04. 04 (Wed) 23:56



精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、謎めいた若い患者ヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)を前任のセラピストから引き継いだ。
ヘンリーはサムに、三日後の真夜中に自殺すると予告。
サムには同棲中のガールフレンド、ライラ(ナオミ・ワッツ)がいるが、彼女は精神的に不安定だった。
ニューヨークを舞台に、若い男を自殺から救おうとする医師が、翻弄される時間と空間が交差するイリュージョン・ミステリー。
監督は『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォースター。

難しかったけど~面白かった!!
ヘンリーが、ブルックリン橋で炎上する車を背に、呆然と佇む場面から始まり、快晴にもかかわらず雹が降るとサムに予言したり、盲目の医師レオン・パターソン(ボブ・ホスキンス)が、亡くなった自分の父親だと言い張るなど、奇妙な言動を残す。
観る方もいつの間にか、サムと同じく迷いこんでしまい次第に混乱していく。
324400view012.jpg

だんだん現実が消えて行くと言うか~どれが現実か幻覚か…それが解らなくなる感覚がとても不思議。
意味不明なシーンや、カット、頭の中に??が増えていく。
劇中双子のような人達があちこちで映し出されたり、
死んだはずのヘンリーの母とサムが出逢ったり、風船を持った少年と母親が何度か登場して同じセリフを言ったり…
でもこれはきっと、ラストに明かされる伏線だろうと思わずにはいられない。
ただ、途中、ちょっとダレるかも。
ダレてたら、結末の爽快!と、まではいかないけど、ダメになっちゃうかな…。
どんでん返しというよりは、意外なラストだけど、思った以上に手が込んでいて明確。
タイトルの『ステイ』の意味も解る。
映像も独特な雰囲気で、その迷いの中に自然と入り込んでいく感じ。
324400view008.jpg

ユアン・マクレガーの精神科医師も雰囲気があった。
その翻弄されていく様子は結構ルアルに伝わったけど、ナオミ・ワッツの方が好演だったかもしれない。
不安定な感情や繊細な表情はとても良かった。
ヘンリー役のライアン・ゴズリングが素晴らしい。
『きみに読む物語』よりは『16歳の合衆国』の彼に近い?!
他の役者さんだったら、詰まらなかったかもしれないと感じるほど、あの青白くて面長で無表情で繊細な雰囲気は、このミステリアスな青年にピッタリで存在感がありました。
この種の映画が好きな人、そうでない人で評価が分かれそうな作品でしょう。
エンドロールにも、ちゃんと意味があります。
できればこの映画は、二度以上は観たほうが良いと思います。
324400view010.jpg

劇場では、終了後にスクリーンに映し出されるパスワードを公式サイトに入力すると、解けない謎がわかるようになっていたそう。
私が一番気になったユアンのズボン…です♪

2006年 6/3公開 アメリカ映画
監督 マーク・フォースター

イルマーレ 

2007, 04. 04 (Wed) 00:29



2006年、シカゴの病院で働くことになった医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越す。
郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)からの手紙だった。

韓国映画をリメイクしたファンタジーなラブストーリー。
2004年と2006年を結ぶ不思議な郵便箱で文通を始めた男女が、実際には会えない互いへの恋心を募らせていく。

『スピード』以来の共演、キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロック。
恋愛モノはドロッドロとしてる方が好みで、“純愛”と言われるのは苦手なのですが、この宣伝文句にはやっぱり惹かれる。
私は韓国版は見てないので、
オリジナルが好きな方とはまた違った感想と思います。
どちらも見た友達は、韓国版の若いカップルから、大人なキアヌとサンドラの二人は洒落ていて、落ち着いたラブ・ストーリーになってた、と言ってました。
010.jpg

2年の時を経て、郵便箱で文通を始める二人。
手紙というアイテムが、今の時代には返って新鮮に映ります。
そしてこの2年の時の隔たりは、もしかしたら何処かですれ違ってたかも知れないし、その時、何をしていたか思い出せる時間枠かもしれない。
同じシカゴの街を二人で散歩するシーン、駅ですれ違うシーンは、次に出会える事を予感させるのか、待つ辛さを与えるのか…これはとっても楽しげだったり、切なかったり。
壁の落書きや樹を植えたり~過去をいじるので現在が変わったりするけど、現在、過去、未来が頭の中で交錯するのが、この映画のおもしろいところかな。
愛犬ジャック(♀だったよね~)と郵便箱の赤いレバーが、二人の時空を結ぶ重要なポイント。
アレックスと父親(クリストファー・プラマー)とのエピソードは良かったです~涙でした。
やわらかく、暖かい空気が流れ、
この時の壁が、純愛色を濃くはしていないように思えました。
ポール・マッカートニーの歌声も、雰囲気に合っていて良かった♪
025.jpg

過去にいるアレックスは過去のケイトを見つけれるけど、
過去のケイトはアレックスを知らない。(覚えてない?)
その切なさやラストへの伏線が、こんなのあり?であっても、気にならない位に上手く繋がってくる。
韓国映画の悲恋なイメージじゃなくて、良かった!ホッ!

いつもお世話になっている
キアヌ大好き、666様へ!!

10,000アクセスのお祝いに、つたない私メの感想を…
キーちゃん情報や、その他おもしろ画像を有難うで~す♪

こちらで、楽しいジェイク・ギレンホールの4コマ漫画ふう(笑)が見れます~お薦め~~♪

http://thirteen-triple6es.air-nifty.com/ss666_dre_gen/

2006年 9/23公開 アメリカ映画
監督 アレハンドロ・アグレスティ