2007_03
29
(Thu)23:42

2番目のキス



数学教師のベン(ジミー・ファロン)は、リンジー(ドリュー・バリモア)の会社に生徒を連れて社会見学に行き、彼女に一目惚れ。
住む世界が違うが、お互い好印象だった二人はつき合い始める。
すべて順調に進んでいくように思えたのだが、ベンがボストン・レッドソックスの熱狂的なファンだったことから問題が生じてしまう。

“野球オタク”のベン。
孤独だった少年時代、伯父の影響で熱狂的なレッドソックスファンに。
何かに夢中になるのは無邪気で微笑ましいけど、やはり程度があるのよね!
それを超えると所謂“オタク”と思われちゃう?!
でも、この彼女リンジーは受け入れようと努力するんです。
たまたまTVで彼のオタクっぽい姿を見て衝撃はあるにせよ、解ろうとするんです。
そして、興味も無かった試合に行ったり…と彼の趣味を出来るだけ共有しようと頑張ります。
でも、そのうち彼女も仕事に追われ、だんだん二人の間にはギャップが生じるんですが…
ベンもリンジーの気持ちを考え、二人の時間を大切にしたいと自分の行動を改めようとします。
これも、無理なんだけど、何となく解るような気がするのよねえ~!

ベンの筋金入りな熱狂振りに、何とか付いていこうとするリンジーが可愛いいし、
野球バカっていうのは~まったくう~!!
とも思うけど、これがまた憎めない♪

自分と何から何まで同じ嗜好の人間なんてありえないけど、
人はどこまで自分と違う相手の事を受け入れられるのか?
その許容範囲を把握するのが、上手くやれる秘訣なのかもしれない。

ラブコメお決まりの道のりですが、
気楽に楽しめる作品と思います。
その他、レッドソックスファンの一言一言、的を得ていて笑えます!

*松坂投手の初登板、頑張って欲しいですね!

2006年 7/8公開 アメリカ映画
監督 ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。