2007_03
15
(Thu)23:46

キャプテン・ウルフ



アメリカ海軍特殊部隊のエリート軍人キャプテン・ウルフ(ヴィン・ディーゼル)は、誘拐された科学者、プラマー教授の救出に向かうが、ミッションに失敗。
博士は殺害され“ゴースト”なるプログラムが消失してしまい、ウルフも敵の銃弾に倒れてしまう。
数ヶ月後、怪我から回復したウルフに下された任務はプラマー未亡人(フェイス・フォード)不在の間の5人の子供たちの護衛だった。

ハウス・キーパには逃げられてしまい、ついには育児におむつかえ~炊事までやるはめに!
むきむきヴィン・ディーゼルが子供相手に大奮闘する姿は大爆笑~この子供達はかなりの問題児揃い…でもそれぞれの多感な時期の悩みを抱えてます。
最初は互いに対立するけれど、だんだんと通い合う心。
そしてラストは悪者退治。
細かいネタが満載で笑いどころたくさんありますよ~童心に返ると意味でもこのような映画は良いですね。
家族で安心して笑って楽しめます。 
ヴィンの時折見せる優しい表情も好感もてたし、違和感ありませんでした。
多少のアクションもありで、ディズニーならでは(?)のお勧めファミリー作品です。
日本語吹き替えは“ガレッジセール”
ゴリ君の声はなかなでした~川ちゃんはカモの声!

2005年 10/29公開 アメリカ映画
監督アダム・シャンクマン

2007_03
15
(Thu)23:31

ザ・センチネル 陰謀の星条旗



レーガン大統領を暗殺から救った伝説のシークレット・サービスのピート・ギャリソン(マイケル・ダグラス)は、
現大統領ファーストレディのサラ(キム・ベイシンガー)護衛の任務に就いていたが、守るべき彼女と愛し合う関係となっていた。
そんな時、彼の同僚が自宅前で射殺され、
ギャリソンのかつての部下、デヴィッド・ブレキンリッジ(キーファー・サザーランド)は事件の捜査を開始した。
ギャリソンは接触してきたタレ込み屋から、
大統領暗殺計画にシークレットサービスの高官が関わっているという情報をもたらされる…
ブレキンリッジは、シークレット・サービスのメンバーを嘘発見器にかけ、結果、不審な行動を取るギャリソンを疑うことに。

マイケル・ダグラスとキーファー・サザーランドの夫々の個性がぶつかるアクション・サスペンス。
シークレット・サービスの特徴や会話などの描写、
事件の捜査、更にはファースト・レディとの不倫によるトラブルと物語はスムーズで解りやすく描かれています。
サスペンスが大好きな方には、
早くから犯人像が見えるかもしれないし、
もう少し、ハッとさせて欲しいようにも感じますが、
娯楽サスペンスと割り切って鑑賞すれば、最後まで充分に楽しめる作品ではないかと思います♪
ファーストレディ役のキム・ベイシンガーは上品で美しいです。
「デス妻」のエヴァ・ロンゴリアはいまいちパッとしなかった感じで、残念かな。

2006年 10/7公開 アメリカ映画
監督 クラーク・ジョンソン


2007_03
15
(Thu)01:53

ヘイフラワーとキルトシュー



じゃがいもの研究に夢中なパパ、料理が全く苦手なママ。
可愛いけど我儘な妹。
そんな3人と暮らす7歳のヘイフラワー(カトリーナ・タヴィ)は、妹のキルトシュー(ティルダ・キアンレト)の世話から家事までこなすしっかり者。
だがあることをきっかけに彼女は急に口をきかなくなり、優等生でなくなる(シネマトゥデイより)

とっても可愛らしい姉妹のほのぼのとしたお話。
でも、スッゴク我儘で憎ったらしい妹ちゃんなんですよ~ある事をきっかけに“いい子”をやめたお姉ちゃんのヘイフラワー。
実は来週からいよいよ小学生になります。
でもこの家族では自分が小学校に通い始めたら、どうなってしまうのか心配でたまらない。
ヘイフラワーの願いはひとつ~普通の家族になること!
そんな小さな胸のうちを知らず、相変わらずの家族の様子に彼女の限界がやって来るのです。
その変貌にママもキルトシューも戸惑いは隠しきれません。
やがて家族に少しずつ変化が…
ヘイフラワーの意地っ張りぶりには、拍手してあげたくなりました。キルトシューは我儘なんだけど、それはお姉ちゃんに頼りっきりだから。
姉妹のやり取りがなんとも微笑ましく可愛いのです!
hei.jpg

T0003628a.jpg

2002年にフィンランドで公開され、同国の歴代興行収入ナンバーワンを記録したそう。
姉妹のポップでカラフルな雑貨、インテリアなどもお洒落!!
まるでおままごとのよう♪
お隣さんのヘルガとハリセ姉妹のファッションもお家もとってもポップ。
内容だけでなく、そんな楽しさも充分満喫できる映画でした。
お子様との鑑賞も楽しいでしょうね!

2005年 10/15公開 フィンランド映画
監督 カイサ・ラスティモ